+*

本文へスキップ

〜伴奏という広い世界〜
      
  伴奏者としての私


ー目次ー
 
ーLektion1ー   ーまず手始めにー
 
ーLektion2ー   ー歌ってみようー
 
ーLektion3ー   ー処方箋としてのブレスー
 
ーLekiton4ー   ー前置き・本題ー
 
ーLektion5ー   ー本題その2
 
ーLektion6ー     ー有節歌曲ー
 
ーLektion7ー     ー伴奏が好きな理由ー
  ーLektion8−    −伴奏が好きな理由2−
  ーLektion9−     ー伴奏について最近思う事ー
 ーLektion10ー    −F.シューベルトー
 ーLektion11ー    ー歌曲に取り組むー
 −Lektion12ー     −歌曲に取り組む・その2−
  ーLektion13ー     −拍についてー
  




ー得意な作曲家・苦手な作曲家ー




この作曲家は得意、この作曲家は苦手、ドイツ歌曲の分野にもそういうものがあると思います。弾き方を変えてみたり、発声や発音を工夫したり、あるいはレッスンを受けたり、色々なCDを聞いてみたり、そうやって苦手が得意になっていけば嬉しいですが、中々そう簡単に行かないようです。

もしかすると歌い手さんは、シューベルト歌い、R.シュトラウス歌いというように、専門を決めて歌う事が可能かもしれませんが、伴奏者はそうもいきません。歌い手さんにしても、苦手な作曲家がそれ程好みではなければ別ですが、好きだけど歌うのが難しい、と言って悩んでいる事もあるのではないでしょうか?

苦手はどうやったら解決できるのか、常々考えていた事を今日は書いてみたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。





ードイツ歌曲の広さー


ドイツ歌曲の作曲家と言って思い浮かぶのは、F.シューベルトやR.シューマン、J.ブラームス。あるいはH.ヴォルフやR.シュトラウスと言ったところでしょうか。


シューベルトから突然始まったという印象があるドイツ歌曲ですが、もちろん急にドイツ歌曲というジャンルが登場したわけではなく、C.P.Eバッハ、J.A.P.シュルツ、J.F.ライヒャルト、W.A.モーツァルト、J.ハイドン、L.v.ベートーベンなど、シューベルトに至るまでに、多くの作曲家がドイツ歌曲を手掛けています。



ー色々な音楽ー



ソロピアノの分野では、バロック、古典派、ロマン派、近代、現代、という風に、あるいはもう少し細かく区別されています。これが良いか悪いかはさておき、この明確な分け方は、それぞれの音楽が違うんだ、という印象を与えてくれると私は思います。

例えば、バッハの音楽を聞いた時、これは近代の音楽だとか、R.シュトラウスの音楽だとは言わないと思うし、ベートーベンの音楽をヴォルフの音楽とも言わないと思います。

ですが、ハイドンとモーツァルトを聞いた時には、この2つの音楽は全く別の音楽だ、そういう風には思わないのですが、どうでしょうか?細部は違うかもしれませんが。



さて、ドイツ歌曲にこういった区別があるでしょうか?


ちょっと調べてみると、シューベルト以前にはあるようで、音楽学者ネーゲリが区別している物が見られるのですが、シューベルト以降は無いように見受けられます。

私は、シューベルト以降の音楽が区別がされていない事が、得意と苦手を生む1つの要因になっているのではないかと思うようになり、また、シューベルト以降もそういった区別をする事で、苦手を少しでも解決できるのではないかと考えるようになりました。


というのは、この区別がないドイツ歌曲は、ドイツ歌曲が1つの、ソロピアノのような大きなジャンルではなく、古典派やロマン派といった狭いジャンルとして認識されているように思うからです。


この認識は、作曲家はそれぞれいるけれどドイツ歌曲の音楽は基本的に似ている、というような認識を生んでしまうように私は思います。つまり、自分にとって得意な作曲家がいれば、他の作曲家であっても、同じように解釈すれば弾いたり歌ったりできる、という風に考えてしまう事があるのではないでしょうか。
これが良い方向に行く場合は、その作曲家も得意になると思いますが、悪い方向に向かう場合は、苦手な作曲家となるのではないでしょうか。





少し長くなってしまったので、ページを変えてまた更新したいと思います。
次回は、どうしてドイツ歌曲はグループ分けがされなかったのかについて考えてみた事と、自分が思っているグループ分けを書いてみたいと思います。

お読みいただきありがとうございました!何かの足しになればとても嬉しいです。


井出コ彦
















copyright©20XX Builder Clinic all rights reserved.